設立趣旨

 

設立趣旨

沿革と歴史

 

沿革と歴史

事業内容

◇「女性史青山なを賞」

女性学の視点に立脚する優れた女性史の業績にたいして毎年贈られます。受賞者による公開講演会も開催しております。

 

◇「青山なを研究奨励金」

本学卒業生および学生による女性学の共同研究、または個人研究に対して授与されます。

 

◇「秋枝蕭子学生研究奨励金」

本学大学院生による女性学・ジェンダーの共同研究、または個人研究に対して授与されます。

 

◇「江口裕子学生研究奨励金」

本学学部生、大学院生による女性学・ジェンダーの共同研究、または個人研究に対して授与されます。

 

出版

女性学研究所入り口年報配布スペース『女性学研究所年報』(講演会、セミナーを始めとする研究活動のリポート)と
『プロジェクト研究報告書』 - を毎年刊行しています。

年報は女性学研究所(16号館入り口)にて無料配布しています。

→本研究所の出版物に関する情報はこちらをご覧ください。

国内外との研究交流

◇客員研究員の招聘

国内外から女性学・ジェンダー研究者を招聘し、研究の交流を図っていきます。

 

◇公開講演会の開催

国内外のの女性学・ジェンダー研究者による公開講演会を開催しています。

2018年度 女性学研究所公開講演会

第1回 「『占領の日常』に抗して -パレスチナ人女性の闘い -」

ファドワ・ラバディ氏 (元インサーンジェンダー研究センター所長) 2018年6月28日

第2回 「第33回女性史青山なを賞 公開シンポジウム 『関口裕子さんの学問と現在』」

関口裕子氏女性史刊行会 (伊集院葉子氏、黒田弘子氏、野村育世氏、義江明子氏) 2018年12月12日

 

2019年度 女性学研究所公開講演会

第1回 「癒やしと正義 - 東ティモールにおける紛争後の性暴力被害者支援」

マヌエラ・ペレイラ氏(NGO ACbit代表) 2019年7月5日

第2回 「女性の就労と多様な役割から考える男女共同参画」

石井クンツ昌子氏(お茶の水女子大学 教授 ジェンダー研究所長) 2019年10月25日

第3回 「第34回女性史青山なを賞 公開講演会 『恋愛の歴史をジェンダーの視点から読み解く』」

田中亜以子氏(関西大学他非常勤講師) 2020年1月8日

 

 

教育活動

◇女性学・ジェンダー研究領域における学際的な授業の企画(一部は公開授業)

2020年度授業科目 :「女性学・ジェンダーを学ぶ」

「女性とジェンダーの歴史」

「女性と表現」

◇Woman’s Cafe (学内向け、女性・ジェンダーに関する対話の場)の開催

2018年度 Woman’s cafe

第1回 「精神医学とトランスジェンダー」  心理学専攻 教授 柴山雅俊氏  2018年10月24日

第2回  映画上映会 「10代のカミングアウト」 2015年英ドキュメンタリー 2018年11月14日

第3回 「性の多様性を考える -社会は寛容になっているのか?」

コミニュケーション専攻 特任講師 湯川やよい氏 2018年12月4日

 

2019年度 Woman’s cafe

第1回 「LGBTと家族 - 家族へのカミングアウトの研究から-」

女性学研究所 特任教授 中川まり氏  2019年5月14日

第2回 「Mental Health Situation of Transgender Youth in Europe」

研究員 Panna Farka 2019年5月28日

第3回 「女子大学とトランスジェンダーを考える」

女性学研究所 特任教授 中川まり氏 2019年6月27日

第4回 「トランスジェンダーを取り巻く状況を考える -日本とアメリカを例に-」

ジャーナリスト・元衆議院委員 大学院博士後期課程 井戸まさえ氏 2019年12月3日

第5回  映画上映会 「いろとりどりの親子」 (2018年米国) 2019年12月12日

第6回 「女子大キャンパス・ライフとSOGI – 東女生たちの語りから -」

心理学専攻 前川あさ美氏 2019年1月29日

 

2020年度 Woman’s cafe

第1回 「Xジェンダーの被服体験」

コミニュケーション専攻 教授 渡辺隆行氏 2020年6月17日

第2回 「少女マンガの描く<男装の少女>とジェンダー」

本学非常勤講師 押山美知子氏 2020年9月23日

 

研究活動

◇プロジェクト研究

人文・社会・自然科学分野において、女性学・ジェンダーの問題意識に基づく共同研究を行うグループに研究費を支給し、研究成果を「プロジェクト研究報告書」として刊行しています。

 

◇個人研究員による研究

個人による女性学・ジェンダー研究に研究費を支給し、研究成果を発信する場を提供します。

 

これまでの事業

特色GP(特色ある大学教育支援プログラム)『女性学・ジェンダー的視点に立つ教育展開――「女性の自己確立とキャリア探究」の基礎をつくるリベラル・アーツ教育』において、さまざまな取組をおこないました。

特色GP(特色ある大学教育支援プログラム)