(締切変更9/9 16:00)【本学学生対象】SSプロジェクト学生アルバイト募集

女性学研究所では、国内外から講師をお招きし「コロナ禍の私たち」と題されたレクチャー・シリーズを、オンライン(Zoom)開催します。
そこで、以下の内容でファシリテーターとしてご協力いただける学生を募集します。
ジェンダーやケアワークに関心のある方にはぜひ応募してください。お待ちしています。

※予想を超える多くの方からの応募がありましたため、締切期日を変更の上、応募時のメールへの表記内容、選考スケジュールを追加しております。ご確認ください。

—————————————————————–

1.業務内容:

「コロナ禍の私たち」のファシリテーターとして1回の講演につき1名が主担当となり司会や視聴者とのディスカッションの進行などを行っていただきます。
ご講演前に一度オンラインにて、打ち合わせおよび動画の視聴が必要となります。日程は未定の箇所もありますが、できるだけすべてに参加してください。

2.勤務日程:

(1)9月中のいずれか1日4時間程度(打ち合わせおよび動画の視聴)
※ファシリテーター決定後日程調整

(2)10月1日(金)12:30~14:00(ファシリテーター)

講演「保健師の闘い―児童虐待の現場で」
ご登壇者:辻京子(香川大学医学部看護学部教員)

(3)11月3日(金)12:30~14:00(ファシリテーター)

講演”Home based foreign care workers in Singapore”
ご登壇者:Daphna Arbell Kehila, PhD(volunteer, HOME(NGO), Singapore)

(4)11月19日(金)12:30~14:00(ファシリテーター)

講演”Women’s Opportunities and Challenges in the Era of Covid-19 Pandemic (Study Case: Batam City, Indonesia)”
ご登壇者:Rina Syahrulllah, PhD(professor, Universitas Internasional Batam, Indonesia)

(5)日程未定(金曜か水曜)12:30~14:00(ファシリテーター)

3.勤務場所:在宅勤務

4.謝礼金額:1,020円×実働時間数(約10時間程度)

5.応募資格:学部生1~4年生、大学院生。自宅にWifi環境とPCがあること。
英語に苦手意識がないこと。

6.募集人数:4名

7.募集締切:2021年9月16日(木)16:00 → 変更 9月9日(木)16:00

8.結果通知:2021年9月13日(月)

9.応募方法:メール件名を「SSプロジェクトアルバイト応募」として①~⑨を明記の上、以下のメールアドレスまでお申込みください。

①氏名、②学科専攻名、③学年、④メールアドレス、⑤連絡のつく電話番号、⑥住所、⑦(2)~(5)のうち、主担当希望回があれば記載(※後日調整)、⑧今回のファシリテーターへの応募動機(400字程度)、⑨英語が苦手でないことを示す指標(英検、TOEFLスコアなど)

女性学研究所事務局 iws@lab.twcu.ac.jp

10.問い合わせ:女性学研究所事務局(16号館)iws@lab.twcu.ac.jp 担当:竹田・石井

Follow me!